男性を診る医者と病原体委
緑のカプセルを持っている男性

クラミジアは男女ともに非常に感染者の多い性感染症です。
そのクラミジアに対して非常に有効な作用をもたらす代表的な治療薬がジスロマックです。
但しジスロマックは、消化器系に副作用が多いという特徴があるため、服用の際は注意が必要です。

ここではクラミジアの概要と、その治療薬であるジスロマックの特徴や副作用について詳しく解説します。
クラミジアは誰でも感染する可能性がある性感染症であるため、この機会に正しい知識を身に付け、感染しないよう注意しましょう。

クラミジアの潜伏期間や症状

性病のなかでも感染者が多いのがクラミジアです。
自分には関係ないと思っている人もいるかもしれませんが、クラミジアはパートナーが感染していた場合に性交渉を行うと、高確率で自分にも感染する性感染症です。
潜伏期間は人によって異なりますが、おおよそ1週間から3週間ほどです。
その期間中は症状が出ないため、感染していても自分で気がつくことはまずありません。

多くの場合、クラミジアに感染した本人が感染に気がつくのは潜伏期間が終わって症状が出始めてからです。
また、男性女性問わず潜伏期間が過ぎても顕著な症状が出ないこともあります。
そのため、自分が感染していることに気づかず日常を過ごしている人や、感染したまま性交渉をしてパートナーにも感染してしまうケースが多いのが現状です。

男女共通の初期症状は軽い痒みです。
その他に、男性と女性で異なる症状もあります。
男性の場合、クラミジアに感染すると尿道炎が起きやすくなります。

その結果、排尿時に痛みを感じることになります。
痛み以外にも排尿時にしみる感じや排尿時灼熱感を感じたり、進行すると尿道から膿が出てくる場合もあります。
膿は透明もしくは白っぽい色で粘り気は無いという特徴がありますので、排尿時に違和感を感じたら早めに病院で検査を受けて治療を開始しましょう。
抗生物質で改善されます。

治療せず放置しておくと前立腺炎や副睾丸炎などを起こして高熱や激痛を伴うことがあるため、早期の段階で治療することが望まれます。
女性の場合は、膣炎になることがあります。
その結果、異臭のするオリモノが出たり性器の臭いがきつくなるなどの症状が出ます。
また、性交渉時に痛みを感じることもあります。

適切な治療をせず放置すると子宮内膜炎や卵管炎、腹膜炎などになることがあります。
ここまでくると下腹部の痛みや下痢、胃痛、生理痛、不正出血などの症状が出ます。
また、放置すると卵管が詰まり、不妊症になる場合もあります。

このようなことから、女性もクラミジアになったらなるべく早期の段階で適切な治療をすることが望まれます。
このように男性と女性で差はあるものの、早期の段階で治療することが望ましいことには変わりありません。
病院は泌尿器科外来がある病院へ行き、できるだけパートナーと一緒に受診することをおすすめします。

ジスロマックの副作用一覧

クラミジアの治療薬としてよく使われているのがマクロライド系抗生物質のジスロマックという抗菌薬です。
後発薬名はアジスロマイシンと言います。
白色の錠剤で細菌の増殖を抑える抗菌作用があり治療に大変効果的ですが、薬を服用する際にはどのような副作用があるのかを知っておきましょう。

他にも服用している薬がある場合は飲み合わせや副作用などに注意する必要があります。
薬は副作用を抑えつつ、その薬が持っている効果を最大限に引き出すことが大切です。
ジスロマックの副作用は主に下痢です。
そのほかにも嘔吐、吐き気、腹痛など消化器系のものが多いという特徴があります。

それ以外に報告されているものとして、血栓性静脈炎・カンジダ症・発疹・じんましん・かゆみ・アトピー性皮膚炎悪化・光線過敏性反応・紅斑・水疱・皮膚剥離・多形紅斑・寝汗・多汗症・皮膚乾燥・皮膚変色・脱毛などがあります。
アトピー性皮膚炎の持病がある人は稀に悪化する場合も。
また、滅多に出ることはありませんが、全身倦怠感、呼吸困難やアナフィラキシーショックなど重篤な副作用が起きる場合もあります。

その他、肝炎、肝機能障害、黄疸、肝不全によって皮膚や白目部分が黄色くなる症状が出たり、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、急性汎発性発疹性膿疱症によって高熱を出すこともあります。

偽膜性大腸炎、出血性大腸炎になって血便が出る場合も。
これらの重大な副作用が出てしまった場合は服用を止めて早急に担当の医師に報告と相談をしましょう。
ここに記載した以外にも状況や飲み合わせ、食べ合わせなどが原因で思わぬ副作用が出る可能性もゼロではありません。

以前に薬を使ってかゆみや発疹などのアレルギー症状が出たことがあったり、じんましんや冷や汗、息苦しさなどのショック症状を起こしたりしたことがある場合は服用する際にも注意が必要です。
服用する本人だけでなく、家族に喘息などのアレルギーがある場合も要注意です。

特に、妊娠中や授乳中の人が服用する際は医師とよく相談し、服用には母子への影響がないか確認してください。
何にせよ下痢や嘔吐、吐き気、胃痛といった副作用が出た場合は自分で判断せず、医師に相談して指示を仰ぎ、くれぐれも誤った対処をしないよう心掛けましょう。

ジスロマックをお得に入手する方法

病院でも処方してもらえますが、ジスロマックを通販で買う方法もあります。
日々忙しくて、病院に行く時間が無いという人でもインターネットの通販でしたらいつでも自分の都合の良いときに自宅から注文できて便利です。
また、通販で購入するジスロマックは病院で処方してもらって入手するよりも価格が安いというメリットもあって通常通り購入するよりもお得です。

ジスロマックを通販で購入する場合は大手通販サイトではなく、海外医薬品を個人輸入代行している代行サービスを利用します。
自分でジスロマックを個人輸入するのは手続き等が面倒で手間がかかります。
その点、このような個人輸入代行サービスは個人輸入に関わる面倒な手続きや申請などを代理で行ってくれるため、個人輸入に関する知識がない人でも比較的容易にジスロマックを購入することができます。
個人輸入や海外医薬品などの言葉を見ると法律的に大丈夫なのか、違法ではないのかと気になるかもしれませんが、海外医薬品の個人輸入は違法ではありません。
そのため、安心して個人輸入代行サービスを使って海外医薬品を購入できます。

現在の日本の法律では、医薬品の個人輸入はその注文者本人が使用するのであれば薬機法でも正式に認められています。
但し、転売や他人への譲渡は違法となるため絶対にしてはいけません。
たとえ家族でも転売や譲渡は認められていないため注意しましょう。
また家族や知人に頼まれて代理で注文することも違法になります。
現在、個人輸入代行サービスは数多くあるため、インターネットで検索すればすぐたくさん見つかります。
良心的な個人輸入代行もありますが、インターネット上にあるそれら多くのサービスのなかに、は一部悪質なサイトがあるのも事実です。
悪質なサイトでは注文すると偽物の薬品を販売したり、注文して代金を払っても商品が届かなかったりといったトラブルが起きます。

そのため、海外の医薬品を購入したい場合は個人輸入代行サービス選びが非常に重要です。
サイト内に電話番号が記載されていなかったり、会社の所在地がしっかり記載されていない場合は信用できないサイトの可能性が高いです。
また、実際にそのサイトを利用した人の口コミなども参考にすると良いでしょう。